AllPost Review

【閲覧注意】[動画]現在も続く街頭でのヘイト(差別扇動)スピーチ 「新社会運動」編

投稿日:2017年12月4日 更新日:

新社会運動について

閲覧注意のヘイト(差別扇動)スピーチ、ジェノサイド(大量虐殺)スピーチの動画を掲載しています。

新社会運動」(代表:桜田修)が執拗に繰り返し行なっている、非常に悪質なヘイトスピーチ動画を掲載しています。

新社会運動は、赤報隊が起こしたテロ事件の1つ、朝日新聞記者を殺傷した阪神支局襲撃事件が起こった5月3日に、その赤報隊を称賛し、赤報隊に続けという趣旨の東京の朝日新聞本社へ向かうデモと本社前での街頭宣伝を、毎年行っています。

【赤報隊事件】

特集・阪神支局襲撃事件30年を越えて 朝日新聞

記者襲撃、あの夜から ― 阪神支局事件30年を越えて 朝日新聞

NHKスぺシャル「未解決事件 File.06 赤報隊事件」(ドキュメンタリー×実録ドラマ)

そして、2018年2月に起きた、テロでありヘイトクライムである朝鮮総連銃撃事件も、支持・称賛しています。

朝鮮総連本部に発砲した疑い 右翼活動家ら2人逮捕 2018年2月23日 朝日新聞

銃刀法違反容疑で再逮捕=右翼活動家ら、朝鮮総連発砲-警視庁 2018年3月15日 時事通信

これまでのヘイト街宣のなかでは、在日コリアンに対するジェノサイド(集団虐殺)扇動も繰り返しています。

2018年7月29日(日)に、朝鮮総連本部前で行った街宣では、「日本国民の皆さんに公約します」「この朝鮮総連を爆破解体してやりますよ、絶対に」「実現しますよ」と代表の桜田修成(偽名)がテロ宣言をしています。もうテロ集団と呼んでも差支えないでしょう。

2016年6月に「差別的言動は許されない」とする「ヘイトスピーチ解消法」が施行されました。

日本政府は、2017年11月に開かれた国連人権理事会の対日審査の報告書で、「日本でそれほどの人種差別の扇動が行われている状況とは考えていない」としています。

しかし現在もまだ、外国人への襲撃(未遂)やジェノサイド(大量虐殺)の扇動を含むヘイトスピーチが続いています。「ヘイトスピーチ解消法」は理念法に留まる為、施行後の今も、ヘイト団体の発言や行動の過激化が進んでいます。

国連の委員会や人権条約機関からも、新たな法律の制定や国内人権機関の設立等が何度も勧告されているように、早急な施策が必要です。

[twitter moment(ツイッターまとめ)]

2017年11月

https://twitter.com/a_r_project/status/937177860506132480
https://twitter.com/a_r_project/status/943638480969654272
https://twitter.com/a_r_project/status/943639106612969472

2017年12月

https://twitter.com/a_r_project/status/943637128386187266
https://twitter.com/a_r_project/status/946535252440129536
https://twitter.com/a_r_project/status/946538035746824194
https://twitter.com/a_r_project/status/946538816818462720
https://twitter.com/a_r_project/status/947858543838838785

2018年1月

https://twitter.com/a_r_project/status/952001873225031681
https://twitter.com/a_r_project/status/952003061165170689

他のヘイトグループも含めたすべての動画

【閲覧注意】[動画]現在も続く街頭でのヘイト(差別扇動)スピーチ、ジェノサイド(大量虐殺)スピーチ

-AllPost, Review
-, , , , , , , ,

Copyright© Anti-Racism Project│ARP , 2018 All Rights Reserved.