AllPost Counter Schedule

8.12 ヘイト街宣監視アクション at TBS

投稿日:2018年8月11日 更新日:

2018年8月12日(日)の16時から、TBS放送センターがある赤坂サカスで行われる、ヘイトスピーチ(差別扇動)を伴う街頭宣伝に対し、監視・記録・周知を中心としたアクションを行います。

 ※ヘイトグループは、東京メトロ千代田線・赤坂駅3b出口に集合し、街宣場所まで移動する予定です。赤坂サカス内にある3b出口(地上)のすぐ横には、サカス広場がありイベントが開催されています。

 ※赤坂サカスは私有地なので、ヘイト街宣は公道上(赤坂通り?)で行われると思いますが、赤坂サカス(私有地)内では、プラカードや拡声器の使用は控え、注意して行動するようお願いします。

◎平和的&人権に配慮して行います◎

 主催は「新社会運動」(代表:桜田修)で、「ヘイトスピーチ解消法」の施行後も悪質なヘイトスピーチを続けています。朝日新聞記者が殺傷された赤報隊によるテロ事件を称賛、テロ、ヘイト・クライムである朝鮮総連銃撃事件も支持、朝鮮総連本部への爆破テロを宣言し、ジェノサイド(集団虐殺)も扇動するなど、非常に危険な極右団体です。

 【ヘイトスピーチ街宣の告知】
http://shinsyakaiundou.sabaxci.org/schedule/scheduler.cgi?mode=view&no=43

【閲覧注意】[動画]現在も続く街頭でのヘイト(差別扇動)スピーチ 「新社会運動」編

【閲覧注意】[動画]現在も続く街頭でのヘイト(差別扇動)スピーチ、ジェノサイド(大量虐殺)スピーチ

 ヘイトスピーチ解消法には、「当該地域の実情に応じた施策を講ずるよう努めるものとする」とあるように、地方自治体はヘイトスピーチ・デモや街宣を無責任に放置せず、早急にガイドラインや条例を整備して対応しなければなりません。

 2017年11月に行われた国連人権委員会による普遍的・定期的審査(UPR)では、各国から日本に対してヘイトスピーチに対処を求める勧告が多く、包括的な差別禁止法や国内人権機関の設立が求められています。

「危うい日本の人権状況 国連人権理が200超の勧告」東京新聞

【参考】

 このようなヘイトスピーチを伴う街頭宣伝に反対し、監視・記録・周知を中心としたアクションを行います。
 ご都合のつく方はぜひご協力ください。

◎平和的&人権に配慮して行います◎

【日時】
2018年8月12日(日) 16時~

【場所】
赤坂サカス(赤坂通り?)

 ※ヘイトグループは、東京メトロ千代田線・赤坂駅3b出口に集合し、街宣場所まで移動する予定です。赤坂サカス内にある3b出口(地上)のすぐ横には、サカス広場がありイベントが開催されています。

 ※赤坂サカスは私有地なので、ヘイト街宣は公道上(赤坂通り?)で行われると思いますが、赤坂サカス(私有地)内では、プラカードや拡声器の使用は控え、注意して行動するようお願いします。

【行動内容】
記録/監視/周知/プラカード/フライヤー/横断幕

●現地での状況は、twitter上で報告する予定です。

【twitter】 https://twitter.com/a_r_project

●プラカードや周知用フライヤーは、まとめてこちらに置いてあります。
ご自分での印刷も可能です。

【プラカード&フライヤー/音声アナウンス】

[プラカード&フライヤー] https://antiracism-proj.org/plafl/
[音声アナウンス] https://antiracism-proj.org/announce/

ご協力いただける方も募集しています。お気軽にご連絡やお声掛けください。
どうぞよろしくお願いします。

【注意事項】
・デモや街宣及び、その参加者や警察とは適切な距離を取り、安全を最優先に行動してください
・沿道の方の通行やお店の営業の妨げにならないよう、ご注意ください
・顔などを映されたくない方は、サングラス、マスク、帽子等をご用意ください



-AllPost, Counter, Schedule
-, , , , , ,

Copyright© Anti-Racism Project│ARP , 2018 All Rights Reserved.