未分類

新宿区の公園におけるデモ出発地の制限について(定例会・委員会・ニュースなど)

投稿日:2018年6月28日 更新日:

定例会(本会議)・委員会

新宿区議会

区議会日程

議員名簿

委員会名簿

区議会のインターネット中継について

6月12日・定例会

◆下村治生区議(自由民主党・無所属クラブ)

・議会映像
http://smart.discussvision.net/smart/tenant/shinjuku/WebView/rd/speech.html?council_id=29&schedule_id=1&playlist_id=5&speaker_id=25&target_year=2018

1 吉住区政のこの4年間と今後の区政運営について

「次に公園の利活用について質問いたします。近年、公園を利用して様々なイベントが行われ、特に盆踊り大会や餅つきのような恒例の地域イベントは、良好なコミュニティの育成に資するばかりでなく、周辺企業との交流を深め、地域活性化にとても役立っています。
この反面、公園という場所を借りて行っているだけで、街の賑わいや地域の交流とは直接結びつかない公園の利用もあります。このような例の1つとして、デモの集合場所としての公園の利用が挙げられます。この場合、デモの行進による騒音や周辺の交通混雑などで、近隣の住民や商店などから苦情が寄せられるケースもあると思います。」

「そこで区長に3点、伺います。」

「質問の第1は、公園を出発地とするデモについては、どのような基準、考えで使用許可を行っているのでしょうか。お聞かせください。」

「質問の第2点は、公園がデモの集合場所として使われると、近隣の住民を中心に利用者が公園を使えなくなると共に、騒音等で迷惑します。公園でデモが行われる事に対する地元の反応はいかがでしょうか。いつでも誰でもが自由に集い遊び憩えるのが、公園本来の姿だと思います。」

「質問の第3点は、デモの集合場所のような独占的で、時には周囲に恐怖心を与える状態になる行為をする事について、今後規制していくお考えはないのでしょうか。」

◆吉住健一区長

「次に公園の利活用についてのお尋ねです。」

「はじめに、公園を出発地とするデモの使用許可に関する基準、考え方についてです。ご指摘のとおり公園は、いつでも誰でも自由に利用できる憩いや交流の場である事が本来の姿です。このため、本来の使用目的ではないデモの出発地としての使用については、一定の基準を設け許可しています。現在、デモの出発地としての使用できる公園は、面積が1000平米以上で、園内に100平米以上の広場があるなどの基準を設け、柏木公園、花園西公園、西戸山公園、及び新宿中央公園の4公園を指定しています。また許可にあたっては、公園の立地や広場面積に応じて、収容可能な人数の範囲内とすると共に、一般の公園利用者に配慮して、使用時間は原則30分を限度としています。」

「次に、公園でデモが行われる事に対する地元の反応についてです。使用される公園周辺の町会や商店会からは、車両や歩行者の往来の制約や拡声器等による騒音などで迷惑しているため、デモの利用を制限してほしいとの要望を受けており、地域の様々な方からも同様な声が寄せられています。」

「次に、今後デモ集合場所のような周辺環境に影響がある利用を制限していく考えについてです。ご指摘のとおり、公園は地域の良好なコミュニティの育成や活性化を進める上で、非常に重要な施設であり、その役割はますます高まってきています。今後、それぞれの公園が置かれた周辺環境や地域からの声も踏まえ、デモの出発地として使用できる公園の基準の見直しを検討してまいります。」

6月13日・定例会

◆井下田栄一区議(新宿区議会公明党)

・議会映像
http://smart.discussvision.net/smart/tenant/shinjuku/WebView/rd/speech.html?council_id=29&schedule_id=2&playlist_id=2&speaker_id=4&target_year=2018

8 魅力を高める公園づくりについて

「4点目は、デモ出発地として公園使用の見直しについてです。近年、新宿区において公園を出発地とするデモの数が増えているのではないか、という声を聞きます。公園は子どもから高齢の方まで多くの方が利用されており、公園利用者の安全と安心の確保は最重要であると考えます。区内における公園を出発地とするデモの数は、ここ数年でどのように推移しているのか伺います。また公園がデモの集合場所として使用されると、騒音などにより近隣住民の日常生活に影響します。我が会派にも一定のルールを定めてほしいという声が寄せられていますが、区のお考えを伺います。」

◆吉住健一区長

「次にデモ出発地としての公園使用の見直しについてです。公園を出発するデモは、ここ数年、年間60件前後で推移してきましたが、昨年度は77件と3割ほど件数が増加し、今年度も昨年度並みの状況となっています。公園は住民の休息や運動の場として、また地域の良好なコミュニティの育成や活性化を図る上で非常に重要な施設であり、その役割はますます高まっています。こうした状況のなか、デモの出発地として使用される公園周辺の町会や商店会からは、騒音など周辺環境に影響のあるデモの利用を制限してほしいとの要望を受けています。そのため今後、それぞれの公園が置かれた周辺環境や地域からの声も踏まえ、デモの出発地として使用できる公園の基準の見直しを検討して参ります。」

6月27日・環境建設委員会

 
 6月27日に開催した環境建設委員会の映像を記録された方が、動画を公開しています。

反対のアクション

新宿・公園デモ利用制限反対運動へのお願い

【ネット署名】
新宿区の公園をこれまでどおりデモ出発地として使えるようにしてください。 国民救援会東京都本部

ニュース

吉住区長がデモ出発地としての公園利用を制限!? 2018年6月20日 日本共産党新宿区議団

新宿区が検討する公園のデモ利用規制/共産党区議団と社民党区議団が中止要請 2018年6月24日 日本共産党東京都委員会

ロコツに憲法違反 新宿区のデモ規制、8月1日から 2018年6月25日 田中龍作

新宿区、公園のデモ使用を制限へ 理由は「ヘイト対策」 2018年6月26日 朝日新聞

全国初、新宿区の一般デモ規制 行政の独断で公園使用禁止 2018年6月27日 田中龍作

公園のデモ使用制限、ヘイト以外のデモも対象 新宿区 2018年6月27日 朝日新聞

新宿区 「デモ全体の制約直結に懸念」 出発地公園限定に 2018年6月27日 毎日新聞

新宿区 デモ規制強化 「騒音」理由 出発公園4→1に 2018年6月28日 東京新聞

新宿区、デモのできる公園1つに~「表現の自由」揺るがすと反発 2018年6月28日 OurPlanet-TV

参考

東京都のオリンピック憲章に基づく条例案についてのパブリックコメント募集

東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念実現のための条例(仮称)の概要の公表及び意見募集について

東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念実現のための条例(仮称)のポイントについて

人種差別撤廃モデル条例案(東京弁護士会)

地方公共団体に人種差別撤廃条例の制定を求め、人種差別撤廃モデル条例案を提案することに関する意見書(東京弁護士会)

法務省のヘイトスピーチ啓発サイト、各自治体のガイドライン、条例など

法務省 「ヘイトスピーチに焦点を当てた啓発活動」

「京都府公の施設等におけるヘイトスピーチ防止のための使用手続に関するガイドライン」(PDF)

川崎市「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律に基づく「公の施設」利用許可に関するガイドライン」

「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」について

[動画]デモ、街頭宣伝でのヘイトスピーチ(差別扇動表現)

【閲覧注意】[動画]現在も続く街頭でのヘイト(差別扇動)スピーチ、ジェノサイド(大量虐殺)スピーチ

【閲覧注意】[動画]現在も続く街頭でのヘイト(差別扇動)スピーチ 「新宿区」編

-未分類

Copyright© Anti-Racism Project│ARP , 2018 All Rights Reserved.